季節のはちみつ おススメの味わい方

春搾り(採蜜 4~6月)

2016102009小学校に入学したばかりの新一年生のかわいらしい声が聞こえる頃、桜並木は春まっさかり。
ハニー・プラスのみつばちたちは満開の桜を訪れて、せっせと花の蜜を集めて回ります。
「春搾り」は、明るい春の光をたっぷり浴びた花たちの賑わいをぎゅ~っと閉じ込めた味わい。
春の息吹を感じるような柔らかく、香り高いはちみつが採れました。
「春搾り」を賑やかに笑い転げる女子高生イメージと例えた方もいるくらい、明るくて心浮き立つ百花蜜です。

春の香りが楽しめる、お勧めの味わい方
  • ヨーグルトにお好みの量をトッピング。
  • ホットのアールグレイの紅茶にそっと溶かして。

 

初夏搾り(採蜜 7~8月)

recipi01
太陽が高くなる初夏の頃、日差しが強くなるにつれ、はちみつもくっきりした甘さに変わっていきます。
ハニー・プラスのみつばちは、まちの中に咲き乱れる初夏の花々を訪れます。
「夏搾り」は太陽の光をしっかり浴びた、健康な花たちの蜜。深い甘さが力強く、魅力的な百花蜜です。
お勧めは、冷たいはちみつレモン。炭酸で割れば、爽やかな甘さが楽しめます。
甘さがしっかりしているため、冷やしても味が飛びません。夏のドリンクにお勧め。

爽やかな夏の甘さが楽しめる、お勧めの味わい方
  • お勧めは、冷たいはちみつレモンやはちみつオレンジ。炭酸で割れば、爽やかな甘さが楽しめます。
    甘さがしっかりしているため、冷やしても味が飛びません。夏のドリンクにお勧め。

 

秋搾り(採蜜 9~10月)

 

2016102004

花 サルスベリ、キョウチクトウなど。

大地の実りの色、濃い茶褐色の豊かな味わいの蜂蜜。
杏やアプリコットを思わせる甘酸っぱい後味です。

豊かなコクが楽しめる、お勧めの味わい方
  • 生姜やドライフルーツをつけこんだハニーシロップを作ってホットドリンクにして召し上がるのがお奨めです✨
  • しっかりしたコクがあるので、煮豚やデミグラスソースのアクセントなど、お肉料理にもよく合います。